カメヤ鍼灸舎 のびのび
浜松にある ハリ・灸・手技療術の 東洋医学の治療所です

不思議だが本当だ

だって本人が云ってたんだもの、本当だろ、本当だと思うよ。

2/18のブルーノート青山、

完全復活したロック界の重鎮、イマーノ氏の発言を聞いて、

おいらたまげたよ。

 

ボスはツルツル頭のガン闘病中、

同じくブルーノート青山でのサムムーアのライブで

飛び入りで歌ったら、その後、

なんとガンが消えてしまったそうだ。

たしか、“I ThankYou” を歌ったんじゃなかったっけ。

 

西洋医学は効かねえぜ、

おっ、この中に医者がいたらやばいな(苦笑)

つぶされるからな、

みたいなことをMC でボスが云っていた。

 

どうよ、どうなのよ???

東洋医学のやつらはどうなんだい?!

たぶん本当のことなんだろう、だって本人が云ってるんだから。

 

おいらは東洋医学を信じて、東洋医術で飯を食い、

できれば東洋医学の考え方で

死に向かえればと思っているのだけど。

どこかで西洋医学に信奉している自分も確かにいたりして。

(西洋医学がいけないとか、

そんなアホなことを申し上げているわけではありませんので、

念のため)

 

でもボスの云う通り、歌ったらガンが消えたなんて、

そんなことさえもおこるのが人間のカラダなんだ、と思う。

 

キヨシローの登場を待ち望んで爆発寸前で

ステージを見つめるファンの前に

前説で登場したのは、なんと帽子をかぶった

ガン闘病中の筑紫哲也氏。

 

ボスは、ブルーノートのステージに上がれば

ガンが消えるから筑紫さんも半年後にはガンが消えるぜ、

みたいなことを云ってたけど、

清志郎は歌ったからじゃないだろうか、ガンが消えたのは。

歌うたいが歌を歌うのは生きるってことだよね。なんつって。

でも筑紫さんはトークするのが仕事だから、

ブルーノートのステージでちゃっかり自著本を宣伝したら、

自分の仕事をきっちりしたってことに変わりはないな。

 

筑紫さんは

忌野清志郎さんは西洋医学とおサラバした、と云ってましたが、

僕はまだ続けています…。(会場小笑)

みたいなことを仰ってたそうです。

 

いろいろ考えてしまいます。

2008年02月20日 音楽について

コメント