カメヤ鍼灸舎 のびのび
浜松にある ハリ・灸・手技療術の 東洋医学の治療所です

私見!浜松ノロの裏側

dscf1205se.jpg
世間を騒がせている給食パンによる、
小学生ノロ感染についての私見です。
単純にヤタローパンのみの責任ぢゃないな、
と思うのです。

というのは、昨年から浜松の高齢者の間でノロ感染、
特に複数の介護施設でノロ流行があったという
関係者からの伝聞多くあり。

たとえば12月初旬、うちの患者さんの1人(74歳女性)、
昨晩ひどい下痢をしたと来院。
ノロではないかと推測し治療してたら、施術中におう吐。
その後、医療機関でクロ(´Д`)。

まあまあ、ウチのような弱小治療院にまで
今回の1ヶ月以上も前からノロ情報入ってきたから、
いはんや病院をや、だけど。
(鍼灸院って意外に地域の医療情報入ってきますよね)

保健所がノロ情報を吸い上げていれば
市民に注意喚起できたし。
(もし流行ありを知らなかったらアウトだけど)
意識を持つだけでもリスクヘッジになると思うのです。

だから、保健行政ガバナンス、
例えば保健所と医療機関の情報共有情報公開、
そんなとこにも今回のノロ原因があると思うのです。

今日もこんな話を聴きました。
浜松市内、某セフンイレフン某店。
コンビニバイトの家族にノロ患者がいても
シフト優先で休ませず、ノーチェックだそうで。
さすがに同僚バイトが機転きかせ、オーナーに進言。

衛生リテラシーを持とうよ!
保健所もっとアナウンスしてね!いま超忙しいと思うけどね!

*ちなみに件のヤタローパンは、うちの爺さんが
共にパン修行をした兄弟弟子がつくった
浜松パン業界の老舗のひとつです。
がんばれ、ヤタローパン!

2014年01月20日 店長の二刀両断「世の中バカなのよ」

コメント