カメヤ鍼灸舎 のびのび
浜松にある ハリ・灸・手技療術の 東洋医学の治療所です

福島紀行その2

「飯野町にUFOの館(ある意味、パラダイス)を見た」
8/18 4PM 
http://ufo.iino-town.net/

津波の爪痕、被災地、福島第一原発の重たい空気を引きずったまま、
東北自動車道へ向かう。
s-095.jpgするとその途中、道路標識の横に怪しげな看板がっ!
「UFOの里」とか、
「飯野町UFOふれあい館」とある!!
標識があるにもかかわらず、
カーナビがあるにもかかわらず、
迷いに迷いながら僕らは円錐形の山を目指した。

行かない理由にはひとつもない(笑)。
そこに「UFOふれあい館」があるからだ。(爆)

しかし、なぜ福島の山あいの町にUFOなのか?
説明しよう!
(ていうか「UFOふれあい館」3Dシアターで説明してくれた)

s-cimg0150.jpgまず、成り立ちから。
「UFOふれあい館」は竹下登ふるさと創生一億円事業
で建てられたのだが、
もともと農作業をするお年寄りのUFO目撃談が多く、
加えて厠も家の外にあるので、
夜に用を足しに行くとき
ふと空を見あげるとUFOが!!
なんて話がいっぱいだそうで。
「一億円ナニしようか?」「UFOだろ〜」って訳。
で、「UFOふれあい館」が建てられ、
その2階にはなぜか大浴場と宴会場が(笑)、ある。

そして、なぜ彼の地にUFO目撃談が多いのか?
*ここからは非科学とオカルトと『ムー』の世界になるので
ご了承ください。
(この「UFOふれあい館」には
雑誌『ムー』が創刊号から全巻揃っていた!
だけでなくトンデモ本の類いがかなり揃っている)

「UFOふれあい館」の在る山は、
千貫森(せんがんもり)、別名「峠山」とも呼ばれ
標高462.5mの美しい円錐の形をしている。
綺麗な円錐形(ピラミッドと相似)
の山にUFOが現れやすいというオカルト定説がある。
富士山、長野松代の皆神山(ここはトンデモ!だった)などが
円錐形のトンデモ学説に基づいている。

つぎに「磁場」のこと。(出たぁー!!って感じですが)
千貫森周辺は磁石が方位を示さず、クルクルと回ってしまう
「磁場」のおかしな場所。
これもUFOが現れやすいというトンデモ学説の根拠となっていた!
* 0磁場として一時期話題になった「分杭峠」などが
不思議「磁場」の場所として有名。

最後に山に点在する謎の巨石群。
これも磁場パワーのトンデモ学説を強く裏付けてる根拠(?)となっており、
これらが爺さん婆さんの多くの目撃談とあいまって、
「飯野町=UFOの里」という文脈ができあがった。
すばらしい!いや、なんという1億円の使い方だ!!

2階にあるステンレスのUFO風呂に
UFO物産館で買ったUFOタオルを手に、
数名のサブカル仲間と浸かりながら「いやぁ〜来てよかった」
とみんなで無言のうなづき。
窓から一望する絶景、千貫森の緑と青空に、
福島の奥深さを感じたりした。

120818_160801.jpg「ここ泊まれるのかな?」
「泊まりこんで『ムー』読破したいね」
なんて妄想の世界に遊んでいたら、
そろそろ閉館時間なので風呂を洗いにきた
第三セクターの公社の若者が
「原発やら除染やらの仕事の方が
ここらへんの民宿に泊まっているので、
福島のビジネスに泊まったほうがいいッスね」と
いきなりリアルに戻された。

2012年08月31日 店長の目利き自慢

コメント