カメヤ鍼灸舎 のびのび
浜松にある ハリ・灸・手技療術の 東洋医学の治療所です

音楽は魂を浄化するのか?

tbstage-after.jpg1/6 友人からの電話で、大学時代のエンゲキ仲間の
  「NC赤英(エヌシーあかひで
  *僕が知ってる頃はニュークリアーあかひで
  と名乗ってました)」
  こと、赤堀清英氏が
  がんで亡くなったと知る。(42歳)
  ここ10年以上会っていなかったし、
  最後に一緒にお芝居をしたのは20代の終わりの頃。
  突然の訃報に絶句。
  思えば、彼がいちばん純粋にあの頃の想いを胸に
  まだ演劇を続けていたのだな。

1/8 赤堀君のお通夜に行く。
  なんのご縁か、たまたま僕が静岡往診でいく
  患者さんの家の近くの葬儀場。
  白衣を喪服に着替える。

1/9 明日の、漫画家のしりあがり寿先生の新年会
  「さるはげロックフェス」(於:新宿ロフト)で演奏する、
  昔のバンド「スイマーズ」のリハーサル。
  この面子では、ほぼ20年ぶりのスタジオ入り。
  みんな40歳を過ぎて、それぞれの道を歩んでいる。
  ドラムを除いて、3人はオリジナルメンバー。
  あの頃はあんなに簡単に会えたのに、
  わずか4時間、1日だけの練習。
  しかし、スリーコードのロックンロールバンドなので、
  眠っていたソフトウェアを再起動するには、
  充分な時間だった。

1/10 新宿ロフト。
  20年ぶりのバンドをやった。
  息切れする(笑)20分のライブ。
  ライブにはライブ用のカラダが必要だ。

  セットリストは当時の楽曲ばかり。
  アラフォーバンドと思えないメチャクチャな演奏。
  あの頃、阿佐ヶ谷のボロアポートでつくった
  楽曲が20年の時を超えて自分に還ってくる。
  これはメッセージだ。
  赤堀君の追悼をと思ってのぞんだステージであったが、
  果たして、そのことも忘れてしまうほど集中していた。
  音楽はいい。とてもいい、と思う。

  いろんなバンド、お笑い芸人、
  アニメの巨匠(ガンダム)、詩人・谷川俊太郎
  などが出演したサブカル新年会の狂宴は、
  明け方まで続いた。

p1000825-after.jpg『僕はロックンローラーじゃないから』
(詞曲:スイマーズ)
‘10年、新宿ロフトにて

swimmers10.mp3

1/20 チャボ、仲井戸麗市の『I STAND ALONE』を聴く。
   昨年、秋に渋谷AXで行われたライブのDVD/CD盤。

images-2.jpeg
 
楽曲はほとんどRCの名曲で、
彼らの人生の映画を観ているかのような、
キヨシローへの想いがつまった音楽と詩。

   
車で地方の国道を走らせながら大音量で聴く。
20年ぶんの風景が後ろへすっとんでいく。
僕は「次へ進まなくちゃ」、とアクセルを強く踏んだ。

2010年01月29日 音楽について

コメント