カメヤ鍼灸舎 のびのび
浜松にある ハリ・灸・手技療術の 東洋医学の治療所です

A Sense of Humor

images.jpeg彼は反骨ロックだったとか、
愛と平和だったとか、
イマーノ氏の訃報における
マスコミの論調とは違うことを書きます。

僕にとっての「忌野清志郎」は、
ユーモアの脳内師匠でした。

ロックもジャズも、
もちろん絵画だって演劇だって、
ありとあらゆる表現には” A Sense of Humor”が
含まれていると思います。
(ジャズ的なユーモアを体現してくれたのは
まさに「タモリ」がそうであったと思います)

キヨシローの何が良かったかって、
彼の持つユーモアのセンスだったと僕は思います。
表現における大切なスパイスみたいもの。

ユーモアを持っている人は数多いるけど、
センスがいいな、と思える人は数少ない。
センスというのは、ベクトルの方向性みたいなもの。
その方向性に衝撃を受けまくったのだ。
そんなんあり…? ありかも!

これから先、生きていくなかで
目から血が出るほど、かなしい気分の時にも、
足に錘をつけられるような、つらい時代の時も、
果たして、ユーモアを片手に
僕は僕を笑い飛ばせることができるだろうか。
できるようになりたい。
ていうか、できたい。
そういうふうにワタシはなりたい。

「僕らは薄着で笑っちゃう」のだ。

2009年05月06日 音楽について

コメント