カメヤ鍼灸舎 のびのび
浜松にある ハリ・灸・手技療術の 東洋医学の治療所です

箱根山ブルース

私が8年も通ってたのに出られなかった大学の裏手に、
山手線の中でいちばん標高が高いと
まことしやかに言われていた
「箱根山」という名前の
山とは決して言えないだろう高台がある。

花見の隠れた名所で、毎年その時期になると
劇団の先輩たちと無軌道な焚き火をしながら酒盛りをして、
団地の人々にメチャクチャ怒られたりした。

最近発売された、ちくま新書753
『ツボに訊け! ー鍼灸の底力』(寄金丈嗣著)に、
あの七三一部隊と、ミドリ十字と、石川太刀雄との関係の記載があり、
読んでいて、箱根山のことを思い出した。

箱根山の灰色の闇は、時代が90年代にさしかかる頃、
新宿区戸山地区にP3が建つとの噂があり、
その反対運動をしている活動家たちの俎上にのぼった。

なんでも箱根山に陸軍戸山学校があったことから
P3の建設現場から奇怪な人骨が出てきたとか、
それは人体実験された骨だとか、
七三一部隊の発祥の地だとか、
嘘か真か、普通の学生達のあいだでも噂されるようになる。

戦争と医療は見えない糸で絡み合う。
リハビリは二つの大戦で確立したとか。
LSDは冷戦下のスパイ自白剤だったとか。
沖ヨーガの先生が、元参謀本部の諜報員で
東西の伝統医療に精通していたとか。

箱根山の側面に防空壕がある。
入口に鉄条網が張られたその闇の奥を、小さな懐中電灯で
こっそり照らしてみるのも必要なことかもしれない。

2008年12月03日 鍼灸について

コメント