カメヤ鍼灸舎 のびのび
浜松にある ハリ・灸・手技療術の 東洋医学の治療所です

こんな時、どうすればいいの?

錦織ウィンブルドンの男子シングルス1回戦で
錦織選手が棄権した。
第3セット開始直後に
腹筋の痛みが悪化したのが理由らしい。
テレビで観ていて、最初は調子良さげだったのに。
残念だ。

トレーナー(コーチかな?)が、仰向けになった錦織選手のお腹に、
透明なテープみたいなのを貼っていた。

こんなときどうすればいいんだろう?
鍼とか手技とか、そういった東洋医術で
この錦織選手のお腹をなんとかすることはできないものだろうか?

たとえば、妄想だけど自分がトレーナーだったら、
なにをすべきなんだろう??

あと、眠れない六月、ユーロ2008での一コマ。
クオーターファイナル、スペイン対イタリア戦。
延長でも決着がつかずPK戦へ突入。その直前のスペイン側ベンチ前。
グランドでは、トレーナーが仰向けに横たわった選手の足首を手で持ち、
坐骨結節の下辺りを足でガンガン蹴っていた。

考えるに、ハムストリングスをゆるめているんだろうけど、
手でやったほうがいいんじゃないのかな?どうなんだろ?
ATの人に聞いてみよっと。

急性の運動器の問題も、
まさに東洋医術の出番なんじゃないんでしょうか?

それで思い出したのは、以前、中国の人民解放軍の捻挫の治し方だと
丘墟→照海の透刺を教えてもらったことがありました。
で、実際、目の前で捻挫した方に試してみたことがあります。
もっていた中国針(0.25くらいかそれより太かったかも)で
刺したら、これが効いたのだ。

たとえば、僕の刺絡の師匠のT先生は、無類の野球好きで
登板を終えたピッチャーには井穴刺絡したらいいのでは、
とおっしゃっていたっけ。
結構、有りかもと膝を叩きましたが。

2008年06月26日 鍼灸について

コメント