カメヤ鍼灸舎 のびのび
浜松にある ハリ・灸・手技療術の 東洋医学の治療所です

夢野久作とアキバ考

オレンジこんな事件が起こるたびに、
マスコミや評論家は「犯人の心の闇が」とか言うけど。
心の闇なんて誰にでもあるし、
みんな自分でも気づかないデーモンを持ってんだ。

それにさ、「闇」だから見えないじゃん。
見えないから「闇」なんでしょ。
そんな「闇」を論じたところで、わかるわけないモノ。

学校では人の心にデーモンが住まうことなんて、
教えてはくれない。
あたりまえだ。人は大きくなり、やがて自分の内の闇を知る。
そういうものだ、と思う。

たとえばデーモンを昇華させるには、ヤツを「闇」から引きづり出すには、
芸術なんて手段は有効で、
それで人は、絵を描いたり詩をうたったりしてたんだけど。
最近じゃ、お金儲けの為になっちゃってるもんね。
芸術やるのは、デーモンが膨れたキ◯ガイでいいのだ。

そんなことを思っていたら、
夢野久作の散文詩で興味深いのがあることに気づいた。
ちょっと上げておきます。
いまこんなこと子供が書いたらすーぐ問題視されるけど。
こういうのが文学じゃないんでしょうか?

エロスとバイオレンスが、上手いこと解放されることを希望します。

*******************************
殺すくらゐ 何でもない
と思ひつゝ人ごみの中を
濶歩して行く

すれちがつた今の女が
 眼の前で血まみれになる
  白昼の幻想

欲しくもない
トマトを少し噛みやぶり
赤いしづくを滴らしてみる

わが胸に邪悪の森あり
時折りに
啄木鳥の来てたゝきやまずも

ピストルの煙の
にほひばかりでは何か物足らず
手品を見てゐる

頭の中でピチンと何か割れた音
 イヒヽヽヽヽ
……と……俺が笑ふ声

あの娘を空屋で殺して置いたのを
 誰も知るまい
  藍色の空

青空はブルーブラツク
三日月は死の唄を書く
ペン先かいな

脳髄が二つ在つたらばと思ふ
考へてはならぬ
事を考へるため

(夢野久作『猟奇歌』より抜粋、編集)
*************************************************
もっとお読みになりたい方は、「青空文庫」で
ダウンロードできます。↓

http://www.aozora.gr.jp/cards/000096/card933.html

2008年06月21日 店長の二刀両断「世の中バカなのよ」

コメント